フィヨルドの道を行く

2014/8/15(Fri)

入り江にそって作られた道と町。

ノルウェーの道の多くは細く狭い道をクネクネと行く。

時折、どうしようもなくなって、フィヨルドの山をぶち抜いた2~5km程のトンネルもある。そのトンネルの中はむき出しの岩盤で照明がないルートが多く、頼りになるのは自身の車の灯りのみ。ディズニーランドのアトラクションにでも出てきそうな道で、長く走っていると次第に方向感覚がおかしくなる。(運転の大半は妻で僕はその横で動揺しているばかりなのだが)

加えて、交通の要となるのがフェリー。

道がドンつきとなり、波止場に着くとそこはフェリー乗り場。

大体3車線になっていて、1番のラインから順に乗船していく。

乗船して車を止めると係員が乗船料を集めに回る。車両のサイズと人数で値段は決まるようだ。

僕らが利用したルートでは2回乗船。1回当たり100ノルウェークローネ程。(1ノルウェークローネ=17円目安*2014年8月)

フィヨルドを横目にオーレスンからローエン(地元の人はルーワンと発音)へ。

*オーレスンもアレスンドと表記するものもある。正直、通じれば、この辺はどっちでもいいと思う、会話全般を通じて言える事だけど、細かい発音とかよりも何を伝えるかが一番大切だし、お互い母国語が英語でないのでその当たりは汲み取りあって会話は成り立っているので。

ローエンについて、先ずは腹ごしらえ。

ランチを食べて驚く。

昨日の夕飯よりも更に高い!昨日に引きつつき目玉が飛び出る思いだ。

聞いたところによると、外食では消費税が43%もかかるそうな…

ちなみにフェリーの中の売店や山小屋などのコーヒーは安い(ノルウェー基準)。

その他にはスポーツドリンク500ml500円程。

フレッッシュジュース1L400円程など。

2日目にして物価の高さに打ちのめされグロッキーになりつつ会場に到着。

レースの事は先日書いたので、滞在や感じた事をぼちぼち書いていきます。

10540416_808507332523402_8145669660223282690_n.jpg

Featured Posts
Recent Posts