主観的ノルウェーの交通事情

さてさて、ノルウェーを振り返るその2。

今回は交通について。

ノルウェーはフィヨルド地形(という表現でいいのかな?)で、入り江が多く、僕の滞在したエリアに限ってなのかもしれないがその多くは地形、特に海岸(フィヨルド)にそって道を作っている。時たま、どうしようもなくてかフィヨルドをぶち抜くような直線5kmのくらいのトンネルもあったりするが…。

なんにせよ、特殊な地形から成り立っているだけに

①入り江沿いの道(とても細い場所が多くすれ違いこんなんで常にハラハラ)

*写真はヤギがいますがこんな場所もちらほら。道幅はこれくらいが基本

②トンネルが多い(島と島を繋ぐ為に?もしくは入り江が大きくて?)

*トンネルと言っても延々続く割に灯りがなかったり、100km以上出るようなところがあったり、道幅は広くないのに中央分離帯(中央線)がなかったりこれまたハラハラの連続

③重要な交通手段、としてのフェリー

道がドンつきになると必ずと言っていい程、あるフェリー乗り場。

もはや庶民の脚。

3列に並び、順番に乗り込む。乗り込み終わるとで船がすぐに出て検札の人が回って運賃を払う。車のサイズ+人数が運賃。観光要素の強いルートもあるが早朝から夜まで出ているようだ。

地形に合わせて発達したノルウェーの交通はこんな感じ。

でした。

*カーナビの写真良く見ると海の上(中)ですよ。気付きました?

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • Twitter App Icon
  • RSS App Icon