スタイル

2014/9/15(Mon)

レース翌日、空港最寄りのPisaに移動。

レースを始め今回の滞在を振り返りながら過ごす。

じっくり考える事は今まで気にしていなかったさりげない事、言われてみれば当然の事、改めてたくさんの事を気がつかせる。

今僕が主として取り組んでいるのは10km前後、競技時間も40分くらい~90分くらいがほとんど。基本的に空身。給水ですべてをこなし、天候に応じてアームカバーやグローブをする事はあってもシェルを着るような事はない。ものすごくざっくり分けてしまうならばいわゆるトレランスタイルではなく、ランパンランTのマラソン(陸上競技)スタイル。

移動やアップ・ダウン(上り下りではない念の為)もジャージだし、そもそも試合会場に身1つで来る選手も多い(あってもせいぜい着替えか)。僕みたいな心配性はあれこれ持っていつも大荷物だ。(まあ、これもスタイルと言えばスタイルか苦笑)

試合やランナーに限った事ばかりではなく、街を歩いているとき、走るとき、思い思いの格好で過ごしている。

「あの服いいな」

「あの着方かっこいいな」

こう思う時って勿論、その服自体がかっこいい事もあるだろうが、それよりなにより、着こなしているかどうか、「自分はこうだ」というスタイルを持っていることが重要なんじゃないかと。服に着られているうちはまだまだ。流行とかもあるけれど、自分がどうしたいか?何をしたいか?何を着たいか?の方が大切なんじゃないかと。

自分なりのスタイルを確立すれば、服装や色々な事もついてくる(はず)。

卵が先か鶏が先かと同じで服装などからスタイルが確立することもあるだろうが。

個性個性というつもりはないけれど、自分は何者か?何をしたいか?は常に問い続けるべきだと改めて思う、その思考の中で色々な発見があるはず。

2014-09-13 17.11.57.jpg

Featured Posts
Recent Posts