本当に斜めだ!

9/15(Mon),16(Tue)

レース翌日、せっかくなので足を伸ばしてPisaへ。

勿論、お目当てはアレですアレ。

【jogってピサの斜塔まで】*写真を撮ってくれた方が斜めっぷりを強調してくれました。

2014-09-15 16.48.29.jpg

というわけでピサの斜塔。

遠目に見えた時に本当に斜めで思わず 「斜めだ!」 と口に出しそうになる程。 造った人は酔っぱらっていたんですかね?てぐらいに斜め。

周りにあるカテドラルともう1つもよく見ると傾いているような気が…だって、ピサの斜塔だけでなく、他の建物でも支えたり、傾かせるようにして撮っている人がいたし。僕は一人だったのでやりませんでしたが、みんな押したり引いたりしながら撮っている。押す人と引く人は一体どっちの方が多いのか?なってどうでもいい事ばかり気になって…。ちなみにものすごく人が多いので誰にも邪魔されず押したり引いたりした写真を撮りたいならば、朝一がオススメ。翌朝、jogで7時くらいに行ったら無人だったのでじっくり見たいかつピサに滞在するならば、朝食前の散歩で訪れるのがいいかも。あわよくば、日の出も楽しめますよ。

【夜明け前のピサの斜塔】

2014-09-16 06.59.38.jpg

ランニングコースについて

もし走るのならば、川沿いか街中をグルグルするか。早い時間なら人も少なく、路地でもスイスイなので朝がオススメ。反面、夜はランナーを見かけたのは川沿いでのみ。ただし、川沿いはしょっちゅう歩道がなくなる印象。日中に走るなら川沿いから少し外れたところに散歩道的なのもちらり2kmくらいだったか。

【夕暮れのピサの街並と川沿いの道】

2014-09-15 19.55.55.jpg

観光について

繰り返しになるがピサのメインと言えば、「ピサの斜塔」1人18ユーロで中に入れるが僕は時間が合わず断念。隣接のカテドラルはチケットカウンターにて発券(無料)してもらえば入れる。時間によっては少々待たされるかも。ちなみに方などの露出はNG。ここに限らず教会施設はそういう場所が多いので服装に注意。ここでは使い捨てのショール?の様な物を渡され着用する事で入れる。そして、中に入れなかった事もあるのだが、個人的にはカテドラルに感激。規模、装飾、教会独特の空気感、どれも見事。もし、ピサを訪れるならば、ピサの斜塔の斜めっぷりを確認するのも大切だけど、ぜひともカテドラルにも足を運んでほしい。

【カテドラル】

2014-09-15 12.37.35.jpg

wifiについて

ピサに限らずだけれど、ヨーロッパでは町中で無料wifiサービスをやっている街を良く見かける。(もしくは全域でなくとも主要なエリアでつながるサービス)観光を産業の中心と位置づけるならばこれってすごく大切で少しづつSIMフリーとかも広がっているようだけれど、日本が海外からの集客を呼び込むなら通信環境(無料の)は必須。何事も先ずはネットで調べる今、通信環境が整っている事は安心感を生むし、その街の、その旅の印象も良くなる。特にガイドブックに載っていない情報を調べなければ…とか、急ぎのときなんて欠かせない。というわけでピサのwifiサービスは「wipi」(写真参照)。ダジャレポイけど、主要なエリアにはこの看板が多数。だがしかし、接続はするものの重いのか弱いのか残念ながら活躍せず。惜しいかな。

【wipi】

2014-09-15 18.31.58.jpg

最後にご飯の話。

実は今回1週間イタリアにいてほとんど食べる機会がなかったのがPIZZA!最後の晩はPIZZAにチャレンジ。僕はアンチョビが大好きなので、トマト、モッツァレラ、オレガノ、オリーブ、アンチョビのPIZZAをオーダー。石釜で焼いた熱々のPIZZA、それをナイフとフォークでいただく(PIZZAをナイフとフォークで食べるのはじめて)。こんなに食べられるのか?日本で言うところのMサイズくらいか?熱い、けどうまい。熱い、けどうまい。気がつけばぺろり。やっぱり本場は美味しいね、加えて安くて驚き。1枚6ユーロだったか?なんて、嬉しい。ちなみにPIZZAはPIZZERIAで食べるべき、cafeやbarにもおいているが(パスタなんかもある)こちらは割高。当たり前なんだけど、PIZZAを食べるなら、PIZZERIAだし、コーヒーを飲んだりしたいならcafe。限られた時間でする旅だからこそ、こういうのをちょっと気をつけるだけでコストパフォーマンスも味わいもくつろぎ加減も全然違う、痛感しました。(ランチであまりにおなかが減っていてcafe/barスタイルで失敗)

駆け足滞在のピサについてはこれでおしまい、今後行く方が読んで参考になれば?幸いです。

ではまた。

Featured Posts
Recent Posts