生き物として強いこと

2014/10/7(Tue)

強い選手。

競技特性によって定義は変わるかもしれない。

僕が世界中を転戦して感じたのは彼らは一様にしてタフ。

ともかく、タフ。丈夫。たくましい。身体もだけれど、メンタルも。びっくりするくらい動じない。(内心動じているのかもしれないが僕みたいにあたふたしたり、この世の終わり誰か助けて的なそぶりは全く見せない)。

そして、なにより生き物として「強い」。個人差はあると思うが多くの選手は毎週末各地のレースを転戦し、且つ、その間にトレーニングも欠かさない。こちらは移動して、レースを全力で走るだけで毎度クタクタヘトヘトになっているのに!

速いタイムで走り、力強く山を上り下りし、レース後も恐ろしい程たくさん食べ、ケロッとしている。その姿は「強い」以外の形容詞が思いつかない。

ぼくもぼくなりに「強さ」を求めている。なぜなら、同じ方法では残念ながらこなせないか、途中で壊れてしまうから。強くなることで結果として競技力が上がるのか、もしくは競技力を上げるトレーニングを積み重ねた結果、強くなるのかは正直分からない。ただ、「強さ」を少しでも実感出来たならばそのとき僕は力をつけたことを確かめることが出来るはず。*卵が先か鶏が先かというような話。

今は「強さ」ともかく強くなることを渇望し、トレーニングに励みます。

IMG_4677.jpg

Featured Posts
Recent Posts