八ヶ岳トレイルランフェスティバル2014開催報告

10/12,(Sun)/13(Mon)

2日間に渡って開催した「八ヶ岳トレイルランフェスティバル」

*2日目に「第2回八ヶ岳横断トレイルラン」を開催。

初日は快晴のゲレンデでリレーマラソン、クリニックなどを実施。

小さなお子さんからトップ選手までゲレンデ周辺の特設コースを思い切り駆け抜けました。

*「ゲレンデ」という言葉とは裏腹に散策路などを組み合わせた気持ちいいコースなんです、ほんとは。勿論、アップダウンはありますが大好評のコースだったので皆さん来年はぜひ。

IMG_8215.JPG

そして、2日目。

今年は台風接近に伴い、2日目の競技は短縮しての開催でしたが大きな怪我もなく出走者が全員完走出来たことは何より嬉しく思います。スポーツと天気は切っても切れない関係にあります。快晴の、紅葉のトレイルを走ってほしいですがなかなか思い通りにはなりません。それでも天気に負けず自分に負けず全員完走したという事実は大きく、「来年こそはよい天気のトレイルを走る!、今年以上に楽しむぞ!」という風に思っていただけたら何よりです。

2014-10-13 06.58.08.jpg

最後に。

連日、天気予報とにらめっこする日々。初日である12日も当初は雨予報でしたが蓋を開けてみれば、快晴。翌13日も雨は降るものの、台風は直前になって足踏み状態。もしかしたら、ロングの部は実施出来たかもしれない。しかし、台風が早まれば、道路の通行止めや電車が止まることもあります。となれば、仮にフィニッシュしたとしても帰れないかもしれません。レースは山梨県外から参加してくださっている方が大半。余裕を持って帰宅をして、連休明けに気持ちよくお仕事や学校に行ってほしい。そんなことをたくさん協議して、前日時点ではまだ、天気は崩れていないながらも苦渋の思いで短縮開催を決定しました。レースに対して色々な考え方があると思います。でも、無理はしない。少しでも全員が楽しめるベストの方法を模索するのが運営サイドのつとめだと考えます。ロングを楽しみにしていた方ごめんなさい。来年こそは良い天気のトレイルを走ってください!僕も走るぞ!(okが出れば)

 こういうの↑は、書かない方がいいのかな?とも思いましたが参加者の皆さんと一体になって楽しむ為にはどういう思いで準備をしているかを知っていただいた方が良い大会作りに向かうのではないかと考え、書くことにしました。これからも「また来年訪れるのが楽しみだ!」と思ってもらえるような大会作りをめざします。ありがとうございました。

大会リザルトリンク

主催:一般社団法人北杜市観光協会

協力:サンメドウズ清里ハイランドパーク

後援:公益社団法人やまなし観光推進機構

運営:八ヶ岳トレイルラン実行委員会

監修:宮地藤雄

協賛:TECNICA HOKAONEONE ALTRA 佐藤スポーツ BUFF BLUETAG×YKK FIELD SUPPORT CAR PROJECT

Featured Posts
Recent Posts