「ほどほど」が丁度いい

2015/3/9(Mon)

最近とくに思う。

何でもある(出来る・揃っている)というのは便利だが、不便だと。

時間は有限、

出来ることも有限。

だから、選ばなければいけない。

何でもあると言うのは一見大変便利だが、実は「選ぶ」という手間のかかる作業が加わる。

「選べる」というのは恵みでもあるが、そうでもないとも言える。

全く選択肢がない方がいいのか?

そんなことはない。

自分で手に取って、眺めて、試したり、比べたり、それが出来るくらいが丁度いいのである。

無限の選択肢におけるベストには出会えないかもしれないが、選択肢が限定される分、すくなくともベターを選び出すことが出来る。

何をするにしてもほどほどが良いのではないか?

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • Twitter App Icon
  • RSS App Icon