ララムリがやってきた。 その3

2015/10/19(Mon)

ララムリ滞在3日目の話。

昨夜の宿を後にして、コースの下見へ。

彼らが気になるのはやはり山とのこと。

日本の山をどう感じるのだろうか?

トレイルヘッドから、ぐんと標高を上げ、ピークを目指す。

コース下見と体を慣らすことがメイン。しかし、レース2日前なのでほどほどにといったところか。

メンバーはナビゲートをしてくれたisoさん、アルヌルフォ、シルヴィーノ、僕の4人。

序盤は僕とisoさんで先頭と最後尾につくが、次第に入れ替わりながら。

テンポは抑え目ながらも軽快。

特にシルヴィーノはトレイルに入った途端、カバンからバナナを取り出し、握りしめ、そのままピークまで。あれは謎だった。とはいえ、もちろん何か考えていたようで、途中から最後尾についてある程度僕らをやり過ごした後、一気に追いついてきたり、走りと歩きをミックスさせながら登ってきた。自分のワラーチと日本のサーフェスとの相性を確かめているようだった。

ピークを越え、下りになるとますます軽快に。

木の根や大きな段差、なんでもござれ。飛び跳ねるように駆け下りる。

ステップが軽く柔らかい。

いいな、つられてこちらのテンポも上がる。

演奏家同士が即興で音を奏でるように、一緒に走ることで世界は繋がり広がる。

一緒に走ることで話さずとも通じあえるんだ。

一旦降りてのち、もう少し山を走りたいということで別エリアへ。

途中にあった神社でお参りも。

今度こそ、試走は終了。

ランチはほうとうでした。

野菜たっぷりなのとスープが気に入ったようで美味しく食べてもらえました。

おまけ

スペイン語を勉強するアルヌルフォ。

*食べ物のページしか見てなかったけど。

Featured Posts
Recent Posts