2016~17香港トレイルシリーズ参戦

2016/12/1(Thu)

先週末〜レース出場のため香港へ。

レースで行くのは4年ぶり?

ここ数年の香港でのトレイルの盛り上がりはものすごいです。

レースも増えましたし色々なブランドやショップもあるし。

初めて香港に行った時から感じていますが香港はトレイル先進国。主要トレイルには500mごとに標識があり、救助もこの案内に基づいて行われるので救助体制もしっかりしています。時差もマイナス1時間なので時差調整がしやすく、深夜便や早朝便を駆使すれば1泊2日の参戦も不可能ではないです。

また、香港は親日家かが多く311以降毎年有志でチャリティートレイルイベントを行ってくれていたり、魅力も多いので、レースはもちろんだけど、香港に行きたい理由がたくさんあるのです。そして、僕がこうやって発信することで誰かが香港のトレイルに興味を持ってくれたら嬉しいのです。

さて、今回出たのはKing of the Hillsという老舗のレースシリーズ。シリーズ4~5戦行われ、そのうちの3戦以上出ることがシリーズ参戦対象の条件で僕は2月と3月に再渡航して条件を満たします。*年々トレイルレースの人気は増え、たいていのレースは抽選に移行しているとのこと。

朝ごはん

明日のレース(前後含む)のお供たち。 MCMのめぐみ→給水 nathan→ボトル フィジール→レース後のケア ZEN→レース前後のサプリ 塩梅水→レース持参 sportsoxyshot→レース前後、レースにはミニボトル持参 STCNUTRITIONoverblast→レース時のお守り STCNUTRITIONironbar→レース後の回復に。 VESPA→レース前に。

第1戦は香港島。ヴィクトリアピークのあるあの島です。香港は高層ビルの印象がとても強いですがその面積の8割が林野。トレイルも豊富です。コースは一般道をガツンと登って、そこからは網の目のように走るメジャー・マイナートレイルを組み合わせて19kmで累積1200mほど。結果は8位でした。香港は地震がなく地盤がとても硬いのでずっと石畳を走っているようなイメージでこの距離でも日本の何倍も足にきます。石造りの階段も多いです。余談ですが、トレイルを石段で固めてしまおうと風潮があり?自然の景観を残すべきだという運動もあるようです。

レースの翌日、翌々日(帰国日)はトレイルとロードをそれぞれコース開拓ラン。この辺りは別の記事がruntripで。他には旅のこと、何を書こうか?浮かんだらまた書きますね。都会とトレイルが隣り合ってエンルギッシュな街香港、2月3月の渡航も楽しみです。

水餃子(焼き餃子は日本独特だそうな?)

レースで再開した現地日本人会の方にローカルランチへ連れて行っていただきました!!

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • Twitter App Icon
  • RSS App Icon