第3回府中馬借街道トレイルラン

2019/7/5(Fri)

北陸旅行に話は戻って、

最終日日曜日の話。

福井県越前市の旧街道である馬借街道を中心に周辺の里山トレイルをめぐるトレイルランレースで

今年のコースは27kmで獲得標高1300mくらい。

2月の私市のレースで仲良くなった「おいしいエナジードリンク研究所」の洋平さんがコースやらプロデュースを仕掛けていて、聞けば、トレイルランを通じて地元で普及開発をしており、学校に講師に行ったりもするとのこと。僕の活動とまさしく合致していたのでそれは行かねば!!と参戦したのです。

僕はトレイルランレースを選ぶ際に地域主体であること、ほどほどの規模であること、行ったことがない場所などを重視します。地域の皆さんがおいでませしてくれる場所に走りに行きたいのです。どうせ走りに行くなら喜んでもらえる方が嬉しいですし、一緒になって楽しみたいから。その意味ではこのレースはうってつけでした。

年々コースは開拓され少しづつ長くなり、また、地元のたくさんの方が応援をしてくれるのはもちろん、コースマークもたくさんです。連日の雨で終盤は川のようになっており、ちょっと驚きましたがそれくらいはご愛嬌。フィニッシュに簡易ですがシャワーとお風呂用意されており、それでスッキリサッパリです。

それだけでなく、大会終了後には懇親会(1名1000円)があって、これが素晴らしい。

品目の多さはもちろんのこと、量もふんだん。むしろ、参加者がいくら足を運んでも後から後から料理が出てきて食べきれない。懇親会で足りなくなることはままありますが、食べきれずに参加者が完敗するのはこの大会くらいではないでしょうか?

帰りの駐車場でも係りの方たちに気持ちよく挨拶で送り出してもらったし、ああ、ここの人たちは僕たちが走りに来たことをととても喜んでくれているんだなぁとしみじみと感じることができました。

応援に来た息子も待っている間ボランティアの方や出店の皆さんに遊んでもらったり、楽しめたようで家族揃ってレースを楽しむことができました。

こういうレースがもっと増えるといいな。

洋平さん、地元の皆さんありがとうございました!

Featured Posts
Recent Posts